バッハからシュトレンをいただきました

b0052394_2157567.jpg

南千住にある「cafe Bach」は、10数年前に学生だったオットが通っていた喫茶店。
私も結婚のご報告で一度だけ訪れたことがあります。
その後、家が遠くなったこともあり行けていませんが、結婚のお祝いにコーヒーやケーキのギフトパックをバッハのママさんから贈っていただきました。
ギフトパック、お中元やお歳暮にも大活躍してもらってます。

そして昨日、写真の「シュトレン(クリスマス用のパンらしい)」が焼けたので、とまた突然送ってきてくださいました。
(そろそろ注文しようかなーと思っていたところ!)
ママさん、ありがとー!!!
ここのコーヒーがまた、ドシロウトにも鮮やかな違いを見せるウマさ。
香り高くて、紅茶党(ってほどじゃないけど)だった私も、コーヒーが好きになりました。

だけど、あのお店のトレードマーク、バッハがコーヒーを持ってる絵、バッハの腕が短くないかな…ちと笑えるぞ。

===

「シュトレン」の下にあるのは、昨日作ったリサイクル(?)クッション。
せんべい座布団化していた大きなクッションを解体し、小さいクッションの綿を中に挟み込んで、クッション生地もカバーも新しく縫い直しました。
ミシンは楽しい~ 思い通りには決して縫えないけど~
朝イチで子供が「でっかい座布団がある!!!」とクリスマスのプレゼント発見したように叫んだほど(ふっかふか)になったんだけど、写真じゃ全然分かりませんね・・・。
まぁ、ええねん。フツーの、四角いクッションですわ。





グルメ
[PR]

by hiamitamako | 2004-11-18 22:17 | 手作り  

<< ニワトリの頭! ウルトラマンの気持ち >>