根洗いでハンギングバスケット

b0052394_15394855.jpg

2月10日あたりに作ったジュリアンとビオラばっかりのハンギングです。
初めて「根洗い」をしてから植え込んでみました。
バケツに水を張って、植え込む苗の土を洗い落とすと、
意外にするんと土が抜けて、バスケットのスリットを通すのもラク。

冬だから1ヶ月ちかくたってあんまり生長してるようには見えないけど、
今のところ健やかな感じです。
だいたい黒ポットの中では、根っこって外側と底辺に集中してて、
真ん中はさほど張ってないから、
鉢容量が少ない場合は植物のためにも有効だなと思いました。

今日は午後から雪が積もるという予報・・・
積雪に耐えられそうもない花鉢だけ軒下に移したけど、まだ降りません。
明日積もったままだと出勤に不便なんだけど、
なんとなく雪って予報が出ると期待してしまう。

====

高校のとき偶然本屋で目にして読んではまった「新源氏物語(田辺聖子)」を、
もう一度読み直してみた。
前に読んだときとは、いろいろ印象が違うのが面白い。
源氏って、本当にサイテーだ。笑
で、恋人たちのしのぶ文のやり取りは、郵便やさんもいないこととて、
わざわざお使いの人が持っていって、その場でお返事をもらって帰ってくるんですが、
そのとき、手紙を受け取った人はお使いの人に「禄(ろく)」を与える。
着物とか、そういうの。

で、よく言う「ろくでもない」の「ろく」ってこのことなのかな?
と思って辞書を引いたら違うっぽかった。
ろくでもないときのろくに字を当てるとしたら「陸」で、
「正常な様子」を表すらしい。
なんだ。りくでもない。
[PR]

by hiamitamako | 2009-03-03 16:05 | 植物  

<< クリロー満開 そう言えばバレン... シュスラン >>