<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

今年はフジバカマが咲きました

b0052394_19375581.jpg

フジバカマが!!
日陰用植物として購入したフジバカマでしたが、
うちで一番暗い場所にいた頃はうどんこ病になって、あまりきれいじゃなかったんです。
それで去年掘り起こして、少し明るい門柱前に移したのですが、
葉っぱは茂れど咲かず。

うちは、秋は日照がだいぶ限られてしまうので、
秋の花は生長が間に合わず咲かないまま霜が降りて終わっちゃうものが多いのです。
ダリアとか、ダンギクとか、、

そして今年、株がさらにモリモリ育ったフジバカマ、
咲かぬなら抜いてしまおうと思っていたら、たくさん咲きそうです!

植物って、脅しが効く!!

よかった~ よかったね、ハカマ君!

b0052394_20445682.jpg

この頃あちこちで咲いてるレウカンサ。
どこかで切り戻しておけば、もうちょっと草丈抑えられるんだけど、
どうしても毎年忘れる^^;
でも今年、菊は切り戻し大成功!
6月に株元でパツーーーンと切ったら、
今、草丈30~40cmでツボミふくらみ中です。やった!
[PR]

by hiamitamako | 2011-10-29 21:08 | 植物  

フィゲリウス、オキシペタラム

b0052394_18492373.jpg

昨日の夜はなんだか寒くて、そろそろストーブが恋しい感じでした。
(灯油がないので、ちょっとだけエアコンつけました。節電のためすぐにオフ。)
真っ赤なフィゲリウスが最近また咲いています。
今年の初夏だったかなぁ、買ってきたのは。
途中から赤シソ(カラーリーフとして生やしてます)が
どどーっと覆いかぶさってしまって、消滅するかな~と思ったら大丈夫でした。
赤シソを処分したらまた咲いてくれて、案外たくましいのです。
本当はライム色のフィゲリウスもあったはずだけど、
どうしてるかな~

フィゲリウスの足元の黄緑色は、匍匐性のトレニア’コンカラー’です。
葉っぱが、黄緑色と黄色で網目模様みたいになってて面白いのです。
b0052394_18571670.jpg

下を向いているフィゲリウスを、ふと覗き込んでみたら、
黄色と赤で予想外にかわいらしい花でした!
なんか、いわゆる花っぽい形。
ゴマノハグサ科。
暖地では戸外で越冬するそうですが、うちは微妙な地域。
掘り上げても室内に置くスペースはないし、
置いたとしても光線不足か、温度不足か、水不足(水やれ!)で、
どうせ枯れるので、戸外で頑張ってみてもらいます。

b0052394_1954542.jpg

オキシペタラム’ブルースター’が、
コリウスのライムサンシャインとここで出会った~(うるるん風に)
それを見守るオキザリス’トリアングラリス’~

オキシペタラムも、春に咲いていたものがなんとか夏をのりきって、
また咲いてます。
日陰庭なもので、すんごいひょろひょろ伸びました。
たぶん1.5mくらい。
出会うはずのないコリウスと出会うほどに。
種もつけてます。必死ですね。ははは
b0052394_19105971.jpg

遅ればせながら、球根を買い集めました。
一部は、自分で市場で買ったものです(少しだけど)。
自分で選んで、お店で売りつつ、それを社割で買いました。
こういうのを自作自演というのでしょうか。

そろそろ涼しくなったし、植えこみたいところだけれど、
愛しのコリウスたちがモリモリなので、
まだ作業できません。
雑草とかとりながら、庭をうろつくこの頃です。

菊がやっとツボミをあげてきた~
[PR]

by hiamitamako | 2011-10-20 19:18 | 植物  

ペンタスのハンギングバスケット

b0052394_17293230.jpg

銅葉のカンナ、鉢植えで育ててます。
8~9月頃に咲いていたんですが、今は葉っぱだけになっています。
去年買ったときよりはたくさん咲いてくれて良かったです。
来年は11月くらいまで咲いてくれたら嬉しいんだけどな~ 無理かなぁ。
b0052394_17323132.jpg

その頃つくったペンタスのハンギング。
ペンタスって定植したとたんに葉っぱがシオシオになって枯れてしまうことがあるので、
ちょっと敬遠していたけれど、使ってみればハンギングでは結構優秀。
最初の花をピンチしてから咲くまで3週間かかったのが残念だったけど、
草姿がおおらかで乱れないしいい感じです。
もしかして、花壇とかですぐ枯れるのは暑いから??
植え付け後2週間ほどでこんな↓
ペンタス咲いてません。
b0052394_173744.jpg

植え付け後約1か月で↓
うわさのアカバセンニチコウがぐいんと上を向き、
コリウスがわさわさ。
左上に植えてあるコプロスマとかアルテルナンテラ・マーブルクイーンの色が
気に入ってるんですが、よく見えません。
ハンギングでは大事なのを正面付近に植えなきゃダメっすね。
b0052394_17381838.jpg

[PR]

by hiamitamako | 2011-10-19 17:41 | 植物  

ナデシコとセンニチコウのハンギングバスケット

b0052394_1984970.jpg

この夏、はじめてエレガンスバスケットを使ってみました。
スリットバスケットより大きくて難しいのかと思ったら、
逆に根鉢の入るスペースが大きくて作りやすかったです。

そして、ハンギングに植えたときの植物の生長後のフォルムを知っていないと、
(重力に逆らったような状態で、ということ)
きれいに作れないのは、どちらのバスケットでも同じこと・・・
難しいです。ハンギング。

センニチコウみたいな花首のひょーーんと伸びたものは、
どうなるかと思ったけれど、意外と自然なカーブを描いて伸びてくれました。

このハンギングは、この角度から見たらまあまあ育ってる感じなのですが、
正面から見ちゃうとこう↓

b0052394_1914413.jpg

撮影前にトリミングもしてないので、一層崩れてますが (汗
右下に入っているアカバセンニチコウが、
完全に真上に向かって伸びてしまって、
コリウスとコリウスの間が欠けたようになってしまいました。。。

無念です。

一番下なので、植え替える気力も起きません。

でも全体の色合わせとしては、気に入っています。
ナデシコのピンク、センニチコウのオレンジをポップに合わせて、
間を大きな白い葉(サルビア・アルゲンティア)に取りもってもらって
いつもの自分の地味さに比べたら、新境地(?)かもしれません。
アカバセンニチコウ(アルテルナンテラ)さえ、
ふんわり育ってくれてたらなあ・・・
・・・いい経験になりました。

ちなみに、最初の画像の左端にある黒い葉も同じく問題のアカバセンニチコウ。
サイドに植えたものは、特に問題なく、いいフォルムを作ってくれました。
植物ごとに、植えるのに適した場所がありそうです。

あと、反省点としてはコリウスがあまりにもいい形に育ってくれるので、
なんとなく全体に対して1株のボリュームが大きくなりがちだったことがあげられます。
この場合だったら、やっぱりナデシコとかがふんわりたくさん咲いてくれないと
いけないパターンなのでしょうね~。

b0052394_21281522.jpg


植え込み直後の様子はこんな感じでした。
(枯れ枝みたいなつるが映り込んでるのは、クレマチス’アーマンディー’)
うまく育ったらいいんだけど、、、
みたいな甘い期待は、ハンギングでは禁物ですね。はい。

====

息子たちと、映画「はやぶさ」を観に行きました。
10月1日の初日に!
期待はあんまりしてなかったけど、
実に面白かった!!!
ものづくりに対する情熱というか、、、
一生懸命な人って応援したくなるものですよね。
そういう意味で、だれでも楽しめると思います。
竹内結子さんは、最初から最後まで地味な理系女性のまま。
理系女をなめるな~、とも思うけど、
ストーリーとしては美人として登場しない方が無駄な話が入り込まず成功。
長い映画だったけど、飽きずに観られたし、
太郎も楽しかったみたい。
次郎は少し飽きてた。
[PR]

by hiamitamako | 2011-10-18 21:42 | 植物  

ウィンターコスモスを植えてみた

b0052394_22104885.jpg

ずっと(数か月?)2株だけ売れ残っていたウィンターコスモスが、
ここへ来てたくさん咲き始め、
このままロスされるのもかわいそうなので、
買って帰ることにしました。社割だし。
この黄色の濃淡って可愛いな~。
えっと、何かの花を見たときもそう思ったんだけど、
何だったっけ・・・

あ、スイセンだった。
あのカップの部分が濃い黄色で、花びらが薄い黄色のやつ!
b0052394_22151656.jpg

それから、紫キャベツもカラーリーフとして植えました。
野菜苗の販売ももう終盤ですな~

奥に見えてる真っ赤な花は八重のインパチェンス。
夏の間元気なかったけれど、
この頃はコリウスともどもはりきってくれてます。
あ~秋って素晴らしい!
b0052394_22354430.jpg

今年はもう、ダンゴムシが憎くて、憎くて、
インパチェンスにもとりついてたし、
ゴーヤも枯らされたし、
無農薬とか言ってどこまで我慢する気だ、自分??
とか思ってしまったのです。
そしたらダンゴムシにはいい誘引殺虫剤があって、
デナポンっていうんですが、
この粒を例えば土の上じゃないところにでもぱらぱらっと
落としておくと、においにつられたダンゴムシが
わらわらと寄ってきて薬を食べ、死んでくれるというのです。
(薬に抵抗なければ、別に土の上でも大丈夫)
そしたら、それをチリトリに集めて薬ともども捨てれば、
花壇の中は系として無農薬に近い状態が保たれるという。。。
誘引力が強いので、びっくりしました。

うちの増えすぎたダンゴムシ、ちょっと減らしてやろうと思います。
確か、窒素(有機物由来の)が多すぎるとダンゴムシが増えるんだったかな。
肥料やりすぎたか。
落ち葉とかもこまめに掃除しなきゃですね。
[PR]

by hiamitamako | 2011-10-14 22:44 | 植物  

秋はコリウス様様

b0052394_21291560.jpg

やっと涼しくなって、コリウスの色が冴える季節になってきました。
最近、ここの葉っぱとニチニチソウ’夏の架け橋’たちを見るのが、
毎日の楽しみです。
ニチニチも、その奥の八重インパチェンスも、夏の間は咲いてなかったし、
コリウスもバッタの食害で見る影もなく、
植えるんじゃなかった…と去年も思ったけど、
秋にはこんなに復活するんだってこと、
去年も気付いて感心してた気がする。
一番手前のゼラニウムみたいな葉っぱの正体が分かりません。
処分品のコーナーでゲットしましたが、名前なしです。
冬は軒下に移そうと思って黒ポットのまま置いてあります。(放置とも言う)
枯れそうだったけど、葉っぱが増えて嬉しい。
いや、葉っぱが増えてきたので好きになってきたと言うべきか。
b0052394_228269.jpg

今年は節電ブームでゴーヤ苗が売れまくってました。
私も日陰庭ながら大きなネットを準備して、
5月はじめに1株植えてみたのですが、
1m以上も伸びたところでまさかの枯死。
ダンゴムシの攻撃が激しかったか、
水が足りなかったか、、、
ネットをばーんとはってしまった手前、
意地になってもう1株だけチャレンジ。
今度はもうちょっと雨にも当たる場所へ植えました。
花は次々に咲くけれど、結実しない日々が続き、
9月にやっと小さめのが1本だけ収穫できました。
今、もう1本、鉛筆の芯くらい細いのがなってますが、
これ以上大きくならないかもなぁ・・・
日の当たらない我が家で野菜は無理、と改めて思った次第です。

そうそう、次郎が学校から持って帰ったヘチマは、
やけにたくさん実がなりました。
今もつぎつぎ結実中・・・いらない・・・

b0052394_21512184.jpg

ついおととい撮影した我が庭。
周囲の住宅にまぶしく反射する日光と、
散乱光のみで健気に生長している芝生のコントラスト。
夏の間はヤブ蚊がすごいので、
庭仕事は完全にサボりました。
水やりもささっと逃げるようにしてやりました。
もういいや、夏はこれでいくんだもん。

それにしても前回の日記が5月とは!
真夏は庭をサボったけど、その前後は何もしなかったわけでなく。
今からまとめて記録しようかなと思いましたが、
画像を加工しただけで力尽きましたので、
そちらはまた明日、か、明後日、か、、、いつか。必ず。
挑戦記録は自分のためですもんね。
[PR]

by hiamitamako | 2011-10-12 22:15 | 植物