<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

オリーブの実がおいしそうなんだけど

b0052394_2141040.jpg

まるでプルーンのようで、甘酸っぱそうに見えちゃうけど、
オリーブってそのままだとかなり渋いらしいですね。
今年は今までで一番実が大きく立派なんだけど、
ぼんやりしてたら塩漬けの時期は逸してしまっていたみたい。
ピザにのせてみたかったなー。自家製オリーブの輪切り。
本当は紫に色付きかけの緑色のうちに収穫するそうです。
塩漬けにするのもかなり大変で、検索してみると苛性ソーダで渋を抜く説や、
塩だけでもできる説。(熟練がいるのか?)
これだけ熟したら、オリーブオイルを絞ってみるという手もあるみたいですが、
ほんの10粒くらいじゃタカがしれてますね。。。
そんなわけで、わりと例年、自然に落果して土に還るまでほうっておかれてます。

b0052394_21251219.jpg

ジニアのこのオレンジ、すごく好きなんです。
秋になって、ますます鮮やか。退色したのも好き。
これは、種を蒔いたんだったか、こぼれ種だったか……
このコーナーは花壇というよりは芝生のへりのところなので、
植えっぱなしになってる球根や、こぼれ種から発芽するものが
いくつかあって面白いです。
逆に、花壇は土を掘り返しちゃうので、こぼれ種からはほとんど発芽しません。
b0052394_21112594.jpg

ジニアの後ろでは、ツルバキアが咲き始めました。
白~濃いピンクまでのミックスだったはずだけど、咲くのはこの一色だけ。
しかもニンニクくさい。芳香って書いてあったのになぁ・・・。
葉がかなり茂って場所ふさがりでもあるんですが、
他の花とはちょっと違う季節に咲くので、邪険に扱ったりはしません。
最近は斑入り葉のかわいいのを見かけて、羨ましいのですが、
まあ、あんまり気が多いのもなんなので見ないようにしてます。

見ないように、と言えば、HCに花がライムグリーンでまん丸な菊を売ってて、
すごくきれいでした。
うちのベニバナトキワマンサクの渋い葉っぱと合わせたら……
想像してしまいましたが、植え場所がないっ!!と
心を鬼にして見ないようにして帰ってきました。えらかった、私。

それから、HCでは気になってたトレリス(上部がアールになってるかわいいやつ)が
半額になってたんです。
う、運命!?
買うべきじゃないのか?
「お客様用軽トラ」でお持ち帰りすべきじゃないのか?
と2日悩んで、軽トラがオートマであることまで確認し、
怪しくうろうろしましたが、決断しきれず。
ちょっと高さがありすぎるかも…とか、
既にうちにあるトレリスと合わないんじゃないか…とか、
トレリスじゃないフェンスを造ることになるかもしれないし…とか。
あぁ、でも今度見たときに、まだ売れ残ってたらどうしよう…。
結構、優柔不断だったりします。

b0052394_21315343.jpg

今年の夏に太郎が学校の授業で栽培したホウセンカ…
は、もうすでに瀕死なのですが(でも捨てちゃだめ、と言われる)、
そのこぼれ種から発芽した双葉を捨てようとしたら、それも捨てるな、と。
さすがにもう寒くなっちゃって咲かないんじゃない?
なんて言ってたのに、ぐんぐん育って咲いちゃった。
濃いピンクの花も見えてますが、
それも捨て損ねたこぼれ種アサガオ。
つるも伸ばさないうちに、急いで咲いたようです。
もう11月になりますよー。

====

次郎 「今日のおかずはシジミかー。
     あ、違った。シジミは海のお魚か。」

チヂミだってば。
海のお魚じゃないってば。
[PR]

by hiamitamako | 2007-10-31 21:45 | 植物  

少し秋色

b0052394_2122427.jpg

ジューンベリーの葉っぱが、へりから変色してきてます。
こんなハデハデなのに、徒長枝だけは緑色のまんま。
徒長枝は葉っぱも二まわりくらい大きくて、来年にはイマイチ勢いのない主幹を脅かす勢い。
セオリー通り根元から切っちゃいました。
彦生えも多いし、一本立ちで樹形を整えて行くのは難しいです・・・。

↓紅葉つながりで、ギボウシ・オウレオマルギナータ。
ギボウシもきれいに変色していくのと、くしゃっと枯れていっちゃうのとありますね。
これはうちの中ではわりといい感じの方。
b0052394_2130968.jpg

b0052394_21402279.jpg

↑もうひとつ紅葉してみてきれいかも、と思ってるのがユリです。
お行儀よくすっくと立ったまま、葉っぱの先から黄色くなってきました。
この先どうなるのか、、、掘り上げずにこのまま冬越しさせる予定です。
後ろの生垣ベニバナトキワマンサクも、少し紅葉&落葉して風通しがよくなってます・・・。
常緑といっても、冬場はちょっと葉っぱが少なくなるようです。

b0052394_21433490.jpg

花はあんまりありませんが、バラの足元で勝手に生えてきたヒメツルソバが咲きました。
バラの下でこんなに繁茂してたら、栄養とられちゃうかもと思いつつ、
でも花を見るまでは…と放置してました。
花が終わったら引っこ抜くつもりですが、繁殖力旺盛だから来年もたぶん。
ヒメツルソバは栄養が少ない方が花つきがいいらしいけど、
バラ様のため堆肥も肥料もがんがんやります。

====

土曜日は学校の参観日でした。
うちの太郎(小3)、目立ってハイテンション。
コラッ と 飛んでいきそうなパンチを必死で抑えながら見てました。
先生すみません・・・。
参観日の太郎のあの異様な目のぎらつき、幼稚園時代から変わらず…
落ち着けー!
今さらですが、
「先生には、『うん』とか『いいよ』とかじゃなくて、『はい』とか『いいです』と言うように」
と教えておきました。

それで今日、学校は振り替え休日。
朝からゲームやってアニメ見てるだらけた太郎にミッション!!
フローリングのワックスがけをやらせてあげました。
(本人、うれしそう。)
寒くなってきたのでホットカーペットを下に敷こうと絨毯をめくって見たら、
周りの床と比べ物にならないくらいツルピカだったので、
やらなきゃ!と思っていたのでした。
久しぶりだったので、3度塗りしてやっと少し輝きを取り戻しました。

あー。年末大掃除が近付いてきたって感じ。

====
子どものお小遣いを郵便局へ持っていったら、
定額貯金の通帳を『ゆうちょ銀行』の通帳に切り替えますので、
と20分くらい待たされました。そのままでいいじゃん・・・。
[PR]

by hiamitamako | 2007-10-29 22:12 | 植物  

この頃の庭です

b0052394_1126322.jpg

ストーブをいつ出そうか、なんて考えるような季節になってしまいました。
うちの庭は宿根草大作戦(?)によって、去年からは考えられないほどローメンテになりました。
秋花壇、と言っても、夏からずっとそこにいたものが色付いたり、
球根を埋めるために整理されたり、という変化しかありませんが、
日当たりだけはずいぶんと悪くなってきていて、早くも冬の到来を予感させます。

上の写真は、門柱の外。
大盤振る舞いに咲きまくってるカラミンサと、赤くなったベニチガヤ。
ヘンリーヅタの紅葉はまだのようです。
その花壇と自転車置き場の間にはさまった暗いコーナーがこちら↓。
小さいシャクナゲが2本植わっているんだけど、その前のアカンサス・モリスが巨大化してて…
アカンサスって、涼しくなるとみずみずしい葉っぱをがんがん展開してきますね。
かわいそうだけど、ときどき邪魔な葉っぱを切ってます。
b0052394_11355065.jpg


それからそれから
[PR]

by hiamitamako | 2007-10-25 11:46 | 植物  

釣りにはまり中

b0052394_11491626.jpg

この頃は、休日に県内の川で釣りをすることが増えました。
最初は、近所の沼で釣ってたんですが、そこで釣り上げたタモロコ、コイ、フナなどの
小さい魚を水槽に入れたら、1回で水槽が満員となりました。
で、その次からは食べられる魚を目指してあちこちの川原を。
b0052394_12255283.jpg

意識したことなかったけど、川って、きれいな川ときたない川があるんですね・・・
下水処理場の排水などががんがん流れ込む川は、やっぱりくさいし、
そうじゃない川はそれほど上流じゃなくてもきれい。
人間がきたないと思う川は、人間が汚した川なのです。。
うーん。当たり前だけど。
b0052394_11554574.jpg

そのきれい系で釣るのが、カワムツ、オイカワ、アブラハヤなど。
から揚げでいただくのですが、下処理するときにこうやってきれいに並べるのは、
A型のオット。
この後、揚げたサカナをバットに置くときも、きれーーーに並べます。
腹の切り口から、揚げ湯が落ちるように考えてるそうですが、
おおざっぱな私には真似できそうにありません。
自分で釣って食べると、しみじみと命をいただいてるな、という感じ。
ワカサギみたいで美味。


b0052394_12152453.jpg

先週末は、軽井沢で1泊してきました。
もう紅葉が始まってて、きれいでした。
朝は車のフロントが凍ってたくらい、寒かったけど、昼間は気持ちよく歩き回れました。
素敵なところだけど、寒いのはねぇ~・・・という私&オット。
引っ越す予定はないけど、どこへ行っても、引っ越すとしたらここはどうかな、という視点で見てしまいます。
[PR]

by hiamitamako | 2007-10-25 09:00 | コドモ