カテゴリ:コドモ( 160 )

 

子どもの低身長と骨年齢 うちの場合

※お子さんの低身長で悩んでらっしゃる方のために、書きました。
 長いです。興味のある方だけ、お読みください。
 太郎(9歳、小4)は小さくて食が細いけど、いつも目立って元気な男の子です。



うちの太郎は背が低くて、背の順なんかずーっと一番前。
学年の中でもぶっちぎりの小ささ。
2歳2ヶ月下の弟・次郎とも、顔は似てないけど双子か?というくらい
ほとんど身長同じ。
このままじゃ大人になっても私より小さいままです・・・。
(私は162cm)
太郎は赤ん坊のときから食が細くて、好物をたくさん食べたとしても、
次の食事のときはばっちり食べなくなるという感じで、
どーしてもどーしても大きくなれなかったのです。


最近、太郎と次郎が咳の出る風邪をひきまして、
熱はないけど、学校のプールにいつまでも入れないのは勿体ないと思い、
久しぶりに小児科へ行きました。
実は、そこの病院には「低身長が気になったら気軽に相談を」という張り紙があり、
いつ相談しようかな・・・と思っていたのです。

太郎の成長曲線は、標準偏差で-(マイナス)2SDというラインぎりぎりを
ずっとたどってきていて、これより下回ったら低身長の治療の目安になるところ。
でも、その-2SDをずっとたどってる分には、小さいながらも正常と判断されて、
治療の必要はないとされます。
これまでも、3歳半健診のときや、小学校上がってすぐの頃にも
別の病院(引っ越す前)で、正常の範囲だから経過を見ましょうと言われていました。

今回、小児科へ行ったついでに、思い切ってまた相談してみました。
その場で身長と体重を測ってみると、なんと-1.6SDで、
今までより標準に近い値になっていました。
先生も、「-1.6SDなら大丈夫でしょう。」とおっしゃいます。
でも、先生は今までの-2SDの成長曲線を見てないから・・・


低身長に関する本などいくつか読んで、ちょっと知識のあった私。
実は、第二次性徴期(だっけ?)にまだ来ていないのに、
急に背が伸び始めてしまうと、
最終的な身長が小さいままもう伸びが止まってしまうことがあるのです。
大人の体になって骨が固まるともう背は伸びませんよね。
第二次性徴(一気に20~30cmくらい背が伸びる)が始まる前に、
ベースとしてどれだけ背を伸ばしておくかが、
最終的な大人になったときの身長を決めるとも言えるのです。


突然の-1.6SD。
まさに、恐れていた危険信号がやってきたか…と思い、
次の診察のときに、太郎の成長曲線のグラフを持参して、
改めて相談しました。

ハッとされた先生、すぐさま、「骨年齢を測ってみましょう」ということに。

太郎 「なんか、おおごとになっちゃったね~」

奴は気楽ですよ、母の心配をよそに。

骨年齢は、利き手と反対の手のレントゲンをとって判断します。
細かいことは分かりませんが、年齢ごとに骨、軟骨の数や固まり具合というのは
変化することがわかっていて、標準のレントゲン写真と比べると、
骨年齢がどれくらいかが分かります。
つまり、今回の太郎のように急に背が伸びてきた場合、
実際の年齢(9才)より骨年齢が高くなってることが分かると、
骨が成長して固まってしまう前に、急いで治療を開始しなければならなくなります。


そして、測定の結果・・・
太郎の骨年齢は、7歳8ヶ月程度。


とっても若い・・・。幼い。

つまり、骨が若くて、まだまだ伸びる要素があることが判明しました。
太郎の身長も、ちょうど7歳8ヶ月程度。
みんなよりは2年近く遅れてるけど、そのうち伸びるでしょう!
との診断でした。


良かったよー・・・
どれだけ安心したことか、
同じ悩みを持つ親御さんなら、分かってもらえると思います。
だって、子どもが小さいと、親の育て方が悪いみたいに言われ続けるわけですもんね。
早寝早起きさせて、良質のたんぱく質を摂らせて、運動させて、、、って、
耳にタコ、でしょう?
どんなに頑張っても大きくならないんだよぅぅぅ って。

わたくし、不覚にも、会計前の待合室で泣いてしまいました。
嬉しさと安堵のあまり。
9年間、悩んできたんですもの。

太郎 「あれー、母んちゃん、泣いちゃったんだねぇ。笑
     よかったねぇ~ ほら、顔を上げてごらん」

って、奴は他人事ですよ。ったく。
看護士さんに「どうしましたか?」って心配されるほど、泣いてしまいました。


とは言え、太郎が小さいことに変わりはなく、
これからも生活の管理はきちんとしていかなくてはならないのですが、
まあ一安心です。


皆さんも、お子さんの成長が気になったら、細かく正確に身長・体重のグラフを
つけていくことをおすすめします。
(私は0歳のときからのデータをプロットしてます。)

成長曲線が-2SDまでの範囲でグラフに沿ってそれなりに伸びていれば、
経過観察でいいと思います。

もしも第二次性徴前に突然背が伸び始めたら、つい喜んでしまいがちですが、
そんなときこそ、受診をおすすめします。

手先だけのレントゲンで骨年齢は簡単に分かります。
実年齢より骨年齢が上がってないか確かめた方がいいと思います。
(太郎よりはちょっと背が高いけどみんなより小さめ、な友達もいるのですが、
 その子も骨年齢を測ったら実年齢より若いので大丈夫と言われたそうです。)


元気だったら、小さくてもいいじゃない、と他人は慰めてくれますが、
子どもの将来を考えると、親はぼんやりもしてられませんよね。
それに、低身長には、背の高さだけではない、
何か病気が原因になってる場合もあるのですから、専門家の診断が必要です。
納得のいくまで、相談することって必要だな、と今回思いました。
不安なままでは、親の方の精神衛生上、よくないですからねー。
皆様のお子様の健やかなご成長をお祈りしています。
悩みはつきませんが、お互い、大らかな気持ちで子どもを見守りましょう♪
[PR]

by hiamitamako | 2008-06-21 22:42 | コドモ  

18っていうことは…

b0052394_2143570.jpg

ほーら、たくさん咲き始めたクリローさん。
嬉しくてまた写真のせちゃいました。ふふふ

今日、テレビで「今日の出演者は18人です」とか何とか言ったとき、
なんかピーンときちゃったらしい次郎くん(6)。

次郎 「18!?  18っていうことは・・・・
     10 と 8 …だよね?」

足し算?

次郎 「…待てよ、10と、 4と、 4 ?」
母  「ああ。(そうだけど、何がしたいんだ???)」

次郎 「いや、18でしょ?
     4と、 4と、 4と、 4と、 …2 ?」


計算が・・・合ってるんだけど、、、、
脳味噌の中でどういう計算してるのだ、君は???
っていうか、目的はなに?


次郎は太郎に比べると数字に強いみたい。
時計ももう読めるようになってました。
(年長さんで時計が読めるのは珍しくはないけど、うち的にはびっくり。)
ある日突然、

次郎 「今、8時12分でしょ?」

と言ったのです。8時12分に。
太郎さんが小3にしてようやく読めるようになった時計・・・
太郎も、「時計は3年生で習うのに!(次郎すごい)」とびっくり。(してる場合か)

一方、小器用な太郎さんは2歳くらいからお箸を上手に使ってたけど、
次郎さんはまだ全然だめ。
右手に持ってはいるんだけど、手づかみとかでごまかしてる。
太郎は小さいときから、大人と同じ道具を使いたがったもんなー。
料理してるときも、手伝いたくて仕方ない。
私は忙しいときなど教えるのが面倒なので、失敗されたらもうやめてって
怒っちゃったりするんですけど、太郎は負けずに食らい付いてきます。
いい親方を見つけて修行するか?


さて、ここで問題です。
夕方、トイレに入った私はプーーーッと笑ってしまいました。
それは何故でしょう。





正解は、
『トイレットペーパーの端が三角にたたまれてたから!』
もちろん、太郎さんのしわざ!
女子か・・・


うちの日陰庭の隅にも、一瞬日が差すようになりました。
土ばっかりに見えるけど、ギボウシとかで満杯になる予定です。
b0052394_22125674.jpg

[PR]

by hiamitamako | 2008-03-12 22:14 | コドモ  

係員じゃありません

太郎の漢字テスト・・・・
「としょいいん」 を、 「図書係いん」 て。





意訳。



====

次郎 「コイキングってねー、役に立つよ。
     だってねぇ、えっとねぇ、、、 」
母  「…『はねる』しかできないんでしょ?」
次郎 「『はねる』 とねぇ、 『体当たり』 とぉ、、、えっと、、、『スイスイ』」
太郎 「ちがうよ、技は 『はねる』 と 『体当たり』 で、
     『スイスイ』 は特性。」


あー、子どものポケモン話は、こじまよしお話と同じくらい、
興味ナッシング。
しかも何回も聞かされるので、少しずつ覚えてしまうところがイヤ。


次郎 「それでねー、 コイキングは大きければ大きいほど、
     ネットボールがゲットできるんだよ」


へー、そー。


====

ずっと調子の悪いうちのPC。
プロバイダに電話して、1時間ちかくいろいろ指示されてやってみましたが、
改善せず。
モデムをみてもらったら、「故障してます」ってあっさり交換になりました。
でも、やっぱりまだイマイチ。
メモリも増設したんだけどな~
[PR]

by hiamitamako | 2008-03-03 20:00 | コドモ  

2月は逃げるね・・・

バイト先に、ようやく人が増えてきて嬉しい。
(久しぶりに平日に休んだら、あまりのヒマさに呆然としました。)
もういつでも辞められるし・・・とひそかに思いながら、転職活動を続けてますが、
なかなか簡単には進みません。
正月から私と子どもが病気続きだったのも、そっち方面はやめとけ、
という神様からのお告げだったのかもな~・・・
無理せず、流れる方へ流れていこうと思ってます。

それにしても、PCの調子が悪く、すぐインターネットの接続が切れます。
メモリ増設しろってお告げかもしれません。(←PCが古いだけ)

====

太郎。
漢字テストで、
「昭和のはじめ」
と書くべきところ、
「昭和のけじめ」
と書いて、先生に呼び出されたとか。笑
全く、平成生まれがどんなけじめをつけようってんでしょうか。

====

次郎。
図書館で借りてきた「ももたろう」を読んでました。
間違ってもいいし、語尾が適当でもいいし、
とにかく頑張って読んでるからエライな~
と思って聞いてたんだけど、

次郎 「…もう悪いことはいたしません、と、ももたろう謝りました」

って、最後の最後に物語を大逆転させたのには、びっくり。
そこはぴしっとやってくれよ。
[PR]

by hiamitamako | 2008-02-14 23:48 | コドモ  

次郎くんの「おはなし」

先日、次郎・6才が「つくる~♪」と言ってつくった絵本。
これを次郎の解説なしに読めた私って、さすが母親。
ちょっと見づらいですが、写真も悪いけど、
次郎もカーペットの上に紙を置いて描いてたのでぐずぐずなんですよ。汗
鏡文字くらいでびっくりしてちゃだめですよ~

b0052394_22173835.jpg

くまさんのともだち

(クリックではじまり はじまり~)
[PR]

by hiamitamako | 2007-12-19 22:48 | コドモ  

デビルイヤーは地獄耳!

実家へ帰るときなど車に長時間乗るときは、子どもらが退屈して酔うので
子ども用のCDをかけます。
でも、最近のアニメソングだと大人が飽きてしまうので、
私たちが子どものころの懐かしいアニメの主題歌を集めたCDを買ってきて聞いています。
若いバンドの曲とかじゃなく、プロの(?)ビッグバンドが演奏した昔のアニソンは、
重厚感に溢れてて聴き応え十分。
くり返し聴くと、ホンモノの良さがしみじみと分かりますね。
「宇宙戦艦ヤマト」とか、聴くたびに目頭が熱くなります。
あの裏拍子のかっこよさ!!

「ハリケンポリマー」なんて、アニメでは私も見たことないけど、
どうにでもなれって感じの破れかぶれな歌詞と歌い手さんの歌い方が、
面白すぎです。昔は何でもアリだったんだな・・・。

うちの子たちも、全く見たことのないアニメの歌ばかりだけど、
それなりに歌詞を覚えて大合唱ですよ。

そして、「フランダースの犬」は「ラララ・・・」の後、
世代を超えてもやっぱり何を言ってるか分からないところが笑えます。
英語ですらないし。

ところで、そのCDの歌をうたいながら、
ときどき次郎が変なことを言ってることに気付いた私&オット。

次郎 「白・い・ゴ・ム!!」

何のことかと思ったら……

魔女ッ子メグちゃん。

♪ 魔女ッ子メグは~ 魔女ッ子メグは~
  あなた~の心に~ 白いゴム!! 白いゴム!!

そこは『忍び込む』ところ!


それから、全然犬と関係ないアニメの歌で、

次郎 「わんわんっ」

とか、合いの手を入れたりしてるので、何故?とよく聞いてみたら……

ラ・セーヌの星。 ←渋いっ

♪ ら・ら・らせー犬~  <わんわんっ>
   らせ犬の星~ <わんっ>

おフランスがなんだかとっても野良犬っぽい感じ。。。


でも、聞き間違ってもそのまま歌っちゃうのって、
身に覚えあり。
私も、
♪ 瀬戸は~ 時雨れて~ 夕波小波~
ってやってました。それにしても・・・・すごく・・・古い・・・・・・


あと、うちにはウルトラマンシリーズのCDもあります。
私はウルトラマン・レオがお気に入り。


♪ そんなレオは~好きか~?

って、とっても暑苦しいところが、イイのです。
どうしても石原良純さんを思い浮かべてしまいます。
顔も似てないか?
[PR]

by hiamitamako | 2007-11-28 22:12 | コドモ  

寝言がかっこいい

b0052394_21271158.jpg

次郎(6)は寝言を言う体質です。
夜、布団をかけ直してあげてたりすると、
半覚醒状態になって意味不明なことをしゃべってきます。
体質というより性格かもと思ったりもします。

次郎 「…謎。」

という一言だけの寝言の日なんて、

母 「何がっ!? 何が謎なのっ!?」

と問いかけても答えてはくれず、謎が謎を呼んで眠れぬ夜を過ごすことに。 ←うそ
また、ある日は、
完全に目を開けて(焦点は定まらない)、両足をぐいっと伸ばし、

次郎 「ぎーん! ぐごーん!
     オレのキマっってるところに、…キマッた…!」

って、意味不明だけど、なんかかっこいいかも。。。。。


==


一方、この前の太郎(8)は寝る前から寝言(?)を言ってました。
腕に新しいミサンガをつけて帰ってきた日。

太郎 「母んちゃん、このミサンガに何のお願い事したか分かる?」

母 「分からない」
太郎 「絶対、秘密だもん! くふふ
     あー…でも言っちゃおうかなぁ。でもなぁ…」

なんかデレデレしてるので、だいたいどういう関係の願い事か想像できます。

母 「言いたくないなら言わなくていいよ」
太郎 「えーでもなぁ、言っちゃおうっかなぁ、、、、ちょっと待って、
     え~どうしようっかなぁ…」

どーでもいいんだけど…

太郎 「…じゃあ、言うよ?」

言うんかい!

太郎 「でも、誰にも言っちゃだめだよ?
     『Mちゃんとねー、結婚して離婚しませんように!』って願ったの」

はいはい、そうですかーやっぱりね~
というわけで、誰にも「言わず」に、ここにだけ「書いて」おきまーす。
どなた様も、太郎にはこのこと、内緒ですからね~! 笑


オマケ。

太郎 「母んちゃん、『カノジョ』って何?」
母   「……? 」
太郎 「両想いってこと?」
母   「両想いなだけじゃなくて、、、お付き合いしましょ、って言った子のことじゃない?」
太郎 「友達の○○が、『Mちゃんは太郎の彼女』だって言うんだよ…
     付き合うなんて、小学生なのに、オレ、まだ早いと思う…」
母   「そうだねぇ…」

どうやら、軽く両想いらしいのですが、
太郎自身も多分まだ恋愛からは遠い国に住んでるようで。
「早いと思う…」ってところがかわいい。
女の子の方がませてるんでしょうねぇ~
[PR]

by hiamitamako | 2007-11-05 22:07 | コドモ  

計算は連想ゲームなのだ

b0052394_1412325.jpg

昨日は、幼稚園の願書配布の日で、次郎たち在園児はお休みでした。

ふと見ると、次郎がたくさんの1円玉を2列に並べています。

 次郎 「ほら、14人と14人で並んでるの」

1円玉を何かに見立てているようです。

 母 「じゃあ、全部で何人いる?」

と、聞いてみました。
14+14の二桁の計算は幼稚園児にはちょっと難しいから、
1,2,3…と1枚ずつ数えなおすかなと思っていたら、
何か計算を始めました。
結局、

 次郎 「んー、分からなかった」


そのときの計算メモがこれ。
…惜しいっ
14+14じゃなくて、足すと14になる計算式を書いちゃってます。
でも、これが思い浮かぶということは、結構、数字の感覚がついてるってことかな。。

数時間後、

 次郎 「…そっか! 4+4=8だから、28か!」

って、自分なりに答えにたどり着いちゃった!!
足し算を教えた覚えはないんだけど、太郎が足し算やってたときに、
耳で聞いて覚えたのかな??
[PR]

by hiamitamako | 2007-11-02 14:34 | コドモ  

釣りにはまり中

b0052394_11491626.jpg

この頃は、休日に県内の川で釣りをすることが増えました。
最初は、近所の沼で釣ってたんですが、そこで釣り上げたタモロコ、コイ、フナなどの
小さい魚を水槽に入れたら、1回で水槽が満員となりました。
で、その次からは食べられる魚を目指してあちこちの川原を。
b0052394_12255283.jpg

意識したことなかったけど、川って、きれいな川ときたない川があるんですね・・・
下水処理場の排水などががんがん流れ込む川は、やっぱりくさいし、
そうじゃない川はそれほど上流じゃなくてもきれい。
人間がきたないと思う川は、人間が汚した川なのです。。
うーん。当たり前だけど。
b0052394_11554574.jpg

そのきれい系で釣るのが、カワムツ、オイカワ、アブラハヤなど。
から揚げでいただくのですが、下処理するときにこうやってきれいに並べるのは、
A型のオット。
この後、揚げたサカナをバットに置くときも、きれーーーに並べます。
腹の切り口から、揚げ湯が落ちるように考えてるそうですが、
おおざっぱな私には真似できそうにありません。
自分で釣って食べると、しみじみと命をいただいてるな、という感じ。
ワカサギみたいで美味。


b0052394_12152453.jpg

先週末は、軽井沢で1泊してきました。
もう紅葉が始まってて、きれいでした。
朝は車のフロントが凍ってたくらい、寒かったけど、昼間は気持ちよく歩き回れました。
素敵なところだけど、寒いのはねぇ~・・・という私&オット。
引っ越す予定はないけど、どこへ行っても、引っ越すとしたらここはどうかな、という視点で見てしまいます。
[PR]

by hiamitamako | 2007-10-25 09:00 | コドモ  

隣の兄ちゃん

太郎は学校の友達の家へ出かけていきました。
今、次郎と遊んでくれてるのは、隣のお兄ちゃん(太郎と同い年)です。
お隣には次郎と同い年の子もいるんだけど、
この2組の兄弟は兄と弟がそれぞれ別の組み合わせで遊ぶことが多いです。

隣の芝生は青い・・・的な?

よく分かりませんが、典型的なしっかりもののお兄ちゃんタイプと、
典型的なちゃっかりものの弟タイプ、、、というのがあるとすると、
うちの太郎と次郎は何故かその逆を行ってます。
で、お隣は順当な感じ(?)。
だから、お兄ちゃんを取り替えるとすごく気の合う組み合わせになるみたい。

まあ、毎日いたらまた別なんでしょうけれどね~。

====

なんかこの頃、庭で写真撮る気がしなくて。
家を建ててから今までは結構目まぐるしかったから書いておくことも多かったけど、
宿根草も増えたしちょっと落ち着いてきちゃったのかも!?

もしかして、今だけの気分かもしれないけど、
しばらくブログお休みするかもです。
明日いきなり更新してたりして。笑
b0052394_16101017.jpg

[PR]

by hiamitamako | 2007-07-02 16:11 | コドモ