寝言がかっこいい

b0052394_21271158.jpg

次郎(6)は寝言を言う体質です。
夜、布団をかけ直してあげてたりすると、
半覚醒状態になって意味不明なことをしゃべってきます。
体質というより性格かもと思ったりもします。

次郎 「…謎。」

という一言だけの寝言の日なんて、

母 「何がっ!? 何が謎なのっ!?」

と問いかけても答えてはくれず、謎が謎を呼んで眠れぬ夜を過ごすことに。 ←うそ
また、ある日は、
完全に目を開けて(焦点は定まらない)、両足をぐいっと伸ばし、

次郎 「ぎーん! ぐごーん!
     オレのキマっってるところに、…キマッた…!」

って、意味不明だけど、なんかかっこいいかも。。。。。


==


一方、この前の太郎(8)は寝る前から寝言(?)を言ってました。
腕に新しいミサンガをつけて帰ってきた日。

太郎 「母んちゃん、このミサンガに何のお願い事したか分かる?」

母 「分からない」
太郎 「絶対、秘密だもん! くふふ
     あー…でも言っちゃおうかなぁ。でもなぁ…」

なんかデレデレしてるので、だいたいどういう関係の願い事か想像できます。

母 「言いたくないなら言わなくていいよ」
太郎 「えーでもなぁ、言っちゃおうっかなぁ、、、、ちょっと待って、
     え~どうしようっかなぁ…」

どーでもいいんだけど…

太郎 「…じゃあ、言うよ?」

言うんかい!

太郎 「でも、誰にも言っちゃだめだよ?
     『Mちゃんとねー、結婚して離婚しませんように!』って願ったの」

はいはい、そうですかーやっぱりね~
というわけで、誰にも「言わず」に、ここにだけ「書いて」おきまーす。
どなた様も、太郎にはこのこと、内緒ですからね~! 笑


オマケ。

太郎 「母んちゃん、『カノジョ』って何?」
母   「……? 」
太郎 「両想いってこと?」
母   「両想いなだけじゃなくて、、、お付き合いしましょ、って言った子のことじゃない?」
太郎 「友達の○○が、『Mちゃんは太郎の彼女』だって言うんだよ…
     付き合うなんて、小学生なのに、オレ、まだ早いと思う…」
母   「そうだねぇ…」

どうやら、軽く両想いらしいのですが、
太郎自身も多分まだ恋愛からは遠い国に住んでるようで。
「早いと思う…」ってところがかわいい。
女の子の方がませてるんでしょうねぇ~
[PR]

by hiamitamako | 2007-11-05 22:07 | コドモ  

<< 謎の美女 と 怪獣 計算は連想ゲームなのだ >>