次郎くんのポチ

次郎くんが自称”飼ってる”犬のぬいぐるみの「ポチ」、「お父さん」、「みなこさん」ことおかあさん。
寝るときはいつも一緒です。
布団に入る前、トイレに行くときは、
次郎 「ちょっとポチたちあずかってて。
     ポチは大人しいから大丈夫。」
…って、そりゃあもう大人しいでしょうよ。
いくらでもあずかるよ。

母  「ポチは大人しいけど、イタズラとかしないの?」
次郎 「しない。
     たまにオレのヘソで遊んでる。」
母  「おヘソで何してるの?」
次郎 「オレのヘソを穴だと思って、掘ったりしようとしてんの。笑
     だから、イタズラとは言えないけど。」
母  「じゃあ、お父さんとみなこさんはイタズラしないの?」
次郎 「しないよ。大人だから。」

すらすらすらすら物語が広がっていくので、本当に生きてるのかと思ってしまう。
母  「次郎は人形あいてによくあんだけ喋れるねぇ。
    母んちゃんは子供のときもあんなに人形で遊べなかった。」
太郎 「オレも遊べない。」

だよね~。

また別のとき。
ポチたちを本当の生き物のように扱う次郎をからかう太郎。

次郎 「あ~ん! ポチが太郎にデコボコにされた~! もう、太郎ったら!!」
太郎 「それを言うならボコボコでしょ。笑」

だよね~・・・。
[PR]

by hiamitamako | 2007-04-11 17:49 | コドモ  

<< チューリップ・オレンジプリンセス マルヴァ・モシャタ >>