次郎の眠れないワケ

寝かしつけのときに、ときどき絵本を読んでやってます。
(太郎が赤ん坊の頃、読み聞かせに挑戦したけれど、
 太郎が興味を持ったのは「本が紙素材でできていて、破れる!」
 ということだけだったのですぐやめた。今は太郎も次郎も聞いてくれるので嬉しい。)
次郎が大好きで何回も「読んで!」と持ってくるのは「おばけかぞくのいちにち」
「おばけマート」に売ってるおばけの食材が「うそつきバナナ」とか「どくきのこ」とかで、
それが面白いらしい。
あと、おばけの子に足が生えちゃった姿が「歯みたい!」なところもお気に入り。
もう覚えるほど読んでるので、早く自分で読めるようになって欲しいです。

さて、今日もこの絵本を読み聞かせ、ついでに耳掃除までしてやったのに
次郎くんが寝ようとしない。

 次郎 「ぼくさー、お腹空いちゃったの」

食べ終わったばかりですよ!?

 母 「気のせいじゃない?」

 次郎 「今日のご飯、少なかったよ」

仕方がないので冷蔵庫を探し、まず納豆を与えました。
ぺろりとひとパックを平らげ、

 次郎 「次はちくわ食べまーす」

さらに大好物のきゅうりまで食べたのでした。
もう勘弁してください… 将来のエンゲル係数が心配です。


====
食べ物の話の後で恐縮ですが、オマケ。

太郎 「学校のトイレでねー、うんち流さない子がいるんだよ」
母 「へー(家でも流してないのかな?)」
太郎 「オレ、いっつも流してあげてるんだ」
母 「えらいじゃん」
太郎 「この前、トイレの縁のところにうんちがのっかってたから、
     こうやってトイレットペーパーで落として、流してあげたの!」

一日一善ですね!
なんで他人のうんちにそこまで責任感もってるのかは不明。(聞きたくない)
[PR]

by hiamitamako | 2006-05-25 21:59 | コドモ  

<< うちのクレマチス・アフロディテ 太郎画伯の自由帳 >>