キリが悪いんです

チョイ悪オヤジこと次郎くん。
5歳になって、ますます男に磨きをかけるため、
風呂場の鏡を見つめては、一生懸命前髪を立たせています。
そりゃあもう、入念なんてもんじゃありませんよ。
5歳の男の子も「かっこよくなりたい」って思うもんなんですかねぇ?

次郎「オレ、もう5歳だし」

って言うときのニヒルなこと。笑
数をかぞえるのだってもう超うまいんだし、、、(とでも言いたげに、)
フルスピードで数えてくれるんですが、

次郎「1、2、…(略)…、9、10!
    11、12、(略)、18、19!
    21、22、(略)、28、29!
    31、32、(略)、38、39!
    はぁ~、オレ39まで数えちゃったよ!」

20とか30とかキリのいいところを飛ばす・・・
聞いてると結構気持ち悪いもんですよ。
最後には40!って言って欲しい。
でも、訂正させたりするとやる気をなくすので、しばらく放っておきます。
前は12とか14とかも飛ばしてたけど、いつの間にか言えるようになってたしなぁ。

数が数えられるからって、数値としての大小が分かってるとも限らないし。
太郎なんて、買い物しておつりもらえると、「増えた!」っていまだに喜んでる。
ママ、えぇーってびっくりしちゃうよ。
誰がママやねん。
[PR]

by hiamitamako | 2006-04-12 13:12 | コドモ  

<< 授業参観でした ジューンベリーの花 >>