カシワバアジサイの満開、ササユリのつぼみ

b0052394_21345778.jpg

カシワバアジサイは、うちでは1.2を争う量感で咲いてくれる花です。
だから、これが咲くと我が庭が「いい時期を迎えてるぞ」という気になります。
日陰がちなので、バラのアーチよりもずっと堂々としてるかも。。。
b0052394_21372365.jpg

そんなわけで冬の間更地状態だった日陰花壇がもりもりしてます。
中央右よりに見えてる斑入り鳴子百合は大事にしたいと思ってるけど、丈夫なので実質放置。
毎年ちょっと違った場所から生えてきます。
この移動具合は球根じゃなくて地下茎でしょうか。
もっと増えてくれていいんだけど、あんまり旅しないでここにいて欲しい。
b0052394_21415826.jpg

ホウチャクソウが実をつけてます。
花も鳴子百合の白花をうす緑色にした感じでよく似てました。
山野草展で一目ぼれして買ってきたけど、『増えすぎて困るので制限した方がいい』とネットに書いてあったので、黒ポットに植えたまま花壇に埋めてます。
今のところ暴れずいい子。

b0052394_21445118.jpg

ぴちぴちの日陰花壇に比べ、日向花壇はひと休み中。
ここは玄関前で、かろうじて白花のリクニスと、縁に植えたシモツケが地味に咲いてます。
この中でお待ち申し上げてるのはササユリのナボナ。ツボミがたくさん。
またまた白花で自分で飽きてこないか心配だけど・・・
b0052394_21485871.jpg

このユリは超おりこう。
植えっぱなし3年目だけど、ツボミもがんがん上がってるし、超元気。
日差しを求めて前へせり出してくるけど、支柱でぐいぐい抑えれば大丈夫。
ユリとか水仙ってお得な球根。

一方、もうひとつの日向花壇、門扉前は見るも無残。
チューリップや水仙、アスペルラ、ナデシコ、カレンジュラなどなどが咲き終わり、
種採りのため枯れたような状態のものばかり。
種を採り終わったら、草は抜いて球根類も掘り上げてさっぱりしたいな!

b0052394_2152169.jpg

この春に作った寄せ植えって、もしかしてまだこれだけ???
11月まで咲き続けるというラベンダー’エヴァー’と、サフィニア’カフェラテ’(だっけ?)、
ニューサイラン、ベアグラス、ヒペリカム、オレガノ’ケントビューティ’。
このラベンダー、もう1ヶ月以上このきれいな状態を保ってます。
切り戻しもいらないらしいけど、このままどんどん咲き続けると蒸れちゃうかもなぁ。
単植にすべきだったか。。。


====

この前、仕事で店長と2人で幼稚園の花壇の手入れに行きました。
そこは次郎が通っていた幼稚園なので、先生も知ってる方。「どうもどうも。」
頑張って作業した甲斐あって(?)、店長、先生、そしてたまたま自転車で通りかかった幼稚園時代のママ友の3人からジュースやお茶の差し入れをいただいちゃいました。
もらい過ぎー。贅沢ー。
でも、すごく嬉しかった~~

近頃他人の好意が妙に身に沁みる悩み多きアラフォーなのであった。。。
[PR]

by hiamitamako | 2009-06-02 22:06 | 植物  

<< ペラルゴニウムや菊や アブチロンが健気 >>